infomation

「読み逃げ」じゃなくて、ROM専!(^^)
お気軽にどぞ。


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

ありがとう、糸。
[20060723]
2006年 7月 20日 19時頃
糸は、入院先の病院にて虹の橋を渡りました。

0723_ito_01.jpg

小さな、小さな糸の体を蝕んでいたのはパルボウィルス。
初回の嘔吐から50時間、
入院してから24時間後のことでした。
 
短い間だったけれど、楽しかったかい?
糸と、チビと、一緒に昼寝をしたね。
小さな体で、兄者と、チビと、楓と、元気に遊んでくれたね。
ありがとう、ありがとう、ありがとう、糸。
君には感謝しかない。
病気から助けてあげられなかった私が君を川島家の長男に迎えたのだが、
君は、許してくれるだろうか。
どうか、許して欲しい。


  

■事象の経過 
18日 夕方から少し元気がなく、1度だけ胃液を吐き戻した。
    一晩様子を見ようと糸だけゲージの外で寝させ、付き添う。
19日 朝。食欲は無いものの、昨夜より少し元気な様子。
    もう少し様子を見ることにした。
    夕方帰宅すると下痢及び、数回吐いた後があり即病院へ。
    パルボが発症していたことが判明。
    そのまま入院し、24時間点滴開始。
    糸入院後、兄者の元気が無いため、兄者も病院へ。
    パルボは発症していないものの、
    発熱があったため、処置をして帰宅。
    程なく皮下注射が効いてきたのか、帰宅後兄者は食事を摂取。
    部屋の中、ゲージ、出来る限り消毒をし、チビと兄者の部屋を分ける。
20日 早朝、転院の為糸を迎えに行く。
    兄者も経過観察の為、糸と同じ病院へ入院。
    20時前kochiさんから糸が亡くなったことの連絡が入る。   
21日 糸を荼毘に付す。
22日 糸の葬儀。

■パルボウィルス
予防接種で防ぐことができるが、
非常に生存性が高く、通常の消毒程度では死なない恐ろしいウィルス。
3姉妹は毎年必ず接種しているので万が一罹っても死亡には至りません。
チビは、14日に接種したばかり。
抗体が間に合っていることを祈るような気持ちで経過観察中。
兄者は、ワクチン未接種。
無事に潜伏期間が過ぎる事を待っています。
潜伏期間が過ぎた後、ワクチンを接種。
抗体が出来たことを確認後、兄者は退院です。

どこにパルボウィルスが居たのか、何故、糸だけが感染したのか、
疑いだしたらきりがなく、今となっては断定する原因がわかりません。
現実は、糸だけがパルボウィルスに感染し、
生後約60日、うちへ来て僅か12日で虹の橋へ行ってしまいました。

0723_ito_02.jpg

■糸の兄弟
糸は4兄弟。
兄者の他に茶トラと、三毛が居た。
糸を保護した後、茶トラが不審な場所で死亡して居たことを聞き、
即、兄者の一時預かりを申し出た。
そして、三毛も預かれるように準備をしていた矢先の出来事だった。
糸の転院の日、三毛も死亡していた事を知る。
茶トラと三毛は、何者かの手によって殺害されていた。
そして、糸はパルボウィルスに蝕まれた。
4兄弟が、生後約60日という短い間に兄者だけになってしまった。
生後数ヶ月で兄弟が殆ど居なくなる事は、珍しいことではないとkochiさんは言う。
未だに兄弟全頭を助けられた事が無いとも。

大人が捨てる。
猫を、犬を、捨てる。
猫は物ですか?犬は物ですか?
命を何だと思っているのでしょう。
生まれたからと命を保健所へ持って行く。
小さな無垢な命をその手で奪う。
おかしいと思いませんか?
異常でしょう?
平和に見える今の日本の膝から下では考えられないような事が平然と起こっている。
異常な世界。
これが、野良の子の生きている世界。
殺意、悪意、病気の蔓延る世界で野良の子たちは生きている。
毎日を必死に生きている。

糸に逢えて良かったと心の底から思っています。
が、こんな結末を迎えるくらいなら、
糸のような、糸の兄弟のような目に遭う野良の子が居ない世界を望む。
糸の兄弟の事から、楓と椛の事を考えた。
楓と椛の影の中には一体、何頭の子の命が重なっているのだろうか。
チビの事を考えた。
チビの兄弟はどこでどうしているのだろうか。

私は、糸に約束をした。
一、大人としての責務を果たすこと。
一、出来ることが無くなる時まで無為に泣かないこと。

糸、糸、短い間だったけれど、濃い時間を過ごしたね。
2回も君と一緒に夜を過ごしたよ。
ありがとう、ありがとう、糸。
縁があれば、また逢える。
私の中に糸は居るから寂しくはないよ。
兄者の事は任せて欲しい。
そのしっぽの先?可愛い髭の先?
小さな爪の先から続く糸を辿って、
迷わないで、約束の人のところへ行くんだよ。

■謝辞
糸を愛して、暖かい眼差しで見守っていて下さった皆様に感謝を申し上げます。
皆様から愛された糸を幸せに出来ず、本当に申し訳ありません。
kochiさん、本当に色々とありがとうございました。
yumiさんのお陰で糸を連れて家へ帰る事ができました。ありがとうございます。
そして、お忙しい中、糸の葬儀にもお越し頂きありがとうございました。
帰り道では、糸の遺骨を膝に置いて、道々糸と話をしながら帰りました。

0720_02.jpg

素敵な遺影をありがとうございます。
部屋をもう少しかたづけ、チビと兄者を見られる場所に安置します。

■私のこと
コメント、メールをありがとうございました。
最初は自分を責めましたが、止めました。
責めたところで糸は還ってきません。
泣きました。
一人で逝かせてしまった糸の心細さを思うと、
ずっと抱いていた方が良かったのかと、泣きました。
しかし、泣いたところで糸は還ってきません。
だらだらと泣いて無為に時間を過ごす前に、
出来ることが、やるべきことがあります。
私と同じ涙を流す人が一体どれだけいるのだろう。
糸と同じ境遇の子を出さないようにするには?
やるべきことは沢山あり、時間は限られています。
自分にできることから始めます。
泣くのは、その出来る全てをやり遂げた時に、
心おきなく、泣くことにしました。
どうしても泣きたくなったら・・・便所で糞でもしながら泣きます。
時間を無駄にはしません。
それが、私が糸にした約束です。

0720_01.jpg


2006-07-23(Sun) 21:54 | 編集 |

HOME

copyright © 2005 川島 麟太郎 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
おすすめ。

新庄動物病院の掲示板

造形師 鎌田師匠!KamatyMoon_banabotan2.jpeg

常設お見合い猫カフェcafebana.jpg

手作りの猫雑貨nekonoie_bn.gif

猫の術後服・介護服care_banner.jpg

フランスパン ヴァンテアン

和雑貨 翠


リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。